【激推し!】レンタルサーバー選びで迷っているなら断然ここがおすすめ!!

サムネイル画像今回はレンタルサーバーの選び方を説明した上で、本当におすすめできるマジもののレンタルサーバーを紹介します。初心者が最初迷うレンタルサーバー選びですが、適当にやすければいいやと、格安のレンタルサーバーを契約する人も多いと思います。ですが、その決断は間違っています。正しいレンタルサーバーの選び方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

まだサーバー選びで迷っている方は・・・

おそらくこの記事を読んでいる皆さんは、レンタルサーバーをどこにしようか迷っている最中だと思います。サーバーを選ぶときに重要なことは5つあります。それは、安定性、十分な容量、使いやすさ、機能性、しっかりとしたサポート体制です。

順番に解説しますと、「安定性」はサイトの表示速度、もたつきなどがなくストレスなく表示されるかということです。以前私は格安のレンタルサーバーを使っていましたが、何度もサーバー側の障害でサイトが表示されなくなるといったひどい状況を経験しています。まあ格安レンタルサーバーなので仕方がないかと思いましたが、せっかく私のサイトを訪問してくれた人に申し訳ないし、信用も落ちてしまいかねないので、即刻サーバーの移転を考えました。

「十分な容量」については言うまでもないと思いますが、容量が多いことに越したことはありません。これから本気でアフィリエイトに取り組むというのなら、できるだけたくさんコンテンツを作り、投稿していく必要があります。文字だけなら大した容量は使わないのですが、画像などのメディアファイルをアップロードしていくと、結構ばかにならない容量を使います。記事を装飾する上で画像は必須とも言えるので、画像のない記事は読者に飽きられる速度が早いです。

「使いやすさ」については主に、サーバー管理画面のレイアウトがわかりやすいか、そしてできるだけ直感的な操作ができるかということが挙げられます。サーバーに詳しい上級者ならあまり気にすることはありませんが、初心者の方は知識も浅いので戸惑うことが多いです。よく初心者でありがちなのは、「専門用語が多くて難しい」、「目的の作業を達成するのに膨大な時間と労力がかかってしまった」などです。多少の専門用語があるのは仕方がありませんが、初心者にも配慮されたわかりやすい仕様になっているかはとても重要なことです。

「機能性」とは、ユーザーにとって何かしらの手間をなくしてくれたり、システムやサイトを運営する上で作業を効率化してくれる機能のことです。例えば、サイトの自動バックアップ機能やWordPressの簡単インストール機能などが挙げられます。最近ではこれらの機能を導入しているレンタルサーバー業者も多いので、サーバーを選ぶ際の判断材料になります。

そして最後「しっかりとしたサポート体制」はかなり重要です。何かトラブルが起きたとき、自分では手に負えないなと感じたらサーバー側に技術サポートを依頼する必要があるからです。私は以前、データベースの編集に失敗して、サイトにアクセスできなくなったことがありますが、そのときはサーバー側の技術サポートを受けました。サーバーのバックには素晴らしい技術者がいますから、データベースも元通り直してくれました。これはしっかりとしたサポート体制があるからにほかなりません。

そして今回紹介するレンタルサーバーが「エックスサーバー」になります。


エックスサーバーをおすすめする理由

それはもう前述した項目がすべて当てはまるからです。

安定性

まず「安定性」については、下記のように説明されていますが、ここで同じ説明をしても意味がないので、初心者の方にもわかりやすく簡単に説明したいと思います。

エックスサーバーの特徴まずサーバー自体がSSDを採用していることがポイントです。SSDというのはHDD(ハードディスク)と違って、非常に高速なデーターのやり取りを行うことができます。HDDはみなさんも知っていると思いますが、パソコンのストレージやTVチューナーでの録画などにも使われていますよね。でも最近ではHDDよりもより高速なSSDを搭載した機器が増えてきています。ちなみにSSDはHDDの約4倍~10倍の速度を誇ります。そんなものをサーバーに使うんですから、高速表示ができるのもうなずけますよね。

また「RAID」という技術を取り入れることで、さらなる高速化ができるようになります。上記画像にもありますが「RAID10」構成となっていますよね。RAID構成にもいくつか種類があるのですが、今回は高速化について説明しているので細かいことは割愛します。簡単に言うと、SSDを複数連結させてデータの格納場所を分散させることで、より短時間でデータの書き込みができるようになるということです。

ただでさえ「すげぇー速いSSD」が「RAID構成」を取り入れることで、「とんでもなくすっげぇー速いSSD」が出来上がるということなんです。

次のポイントとして挙げられるのはサーバーマシン自体の性能の高さです。CPUが24コア、メモリーが256GBもあります。と言われても数字がでかいからすごいっていうのはわかるが、具体的に何がすごいのか?

まずCPUから説明します。CPUは人間で言えば脳にあたり、性能が高ければ高いほどたくさんの処理をこなせるようになります。この場合今回の性能の指標としてコア数が全面に押し出されています。CPUのコア数というのは人間で例えるなら脳が何個あるかということです。つまり、コア数の分だけ脳の数があると捉えてください。

とすると、エックスサーバーで使われている24コアのCPUというのは24個の頭脳を持っているということになるわけです。一度の作業を24等分して仕事ができるということなので、ものすごく効率の良い処理ができるというわけです。

巷のレンタルサーバー業者ならせいぜい10コア辺りが主流ですが、やはりエックスサーバーは核が違いますね!

次にメモリーです。メモリーはCPUを補助するものと思っておいてください。サーバーというのは一度に膨大な場所からアクセスされるので、たとえ24コアのCPUを持ってしてもさばききれない場面が出てきます。そのさばききれないデータを一時的にメモリーに記憶させ再びアクセスがあったときにすばやく処理が実行できるようにするものなんです。つまり、メモリーの容量も大きければ大きいほど処理の効率が上がるというわけです。

またエックスサーバー独自の高速化システムである「Xアクセラレータ」「NGINX」という独自システムにより、究極の安定性と高速通信を可能にしています。

十分な容量

なんと一番低い「X10プラン」でも200GBもあります。これだけあればブログやシステムなどの運営で容量を気にする必要がなくなりますね。

「そんなに容量必要ないんじゃない?」

と思う方も多いはずですが、考えてみてください。20GB程度の格安レンタルサーバーを使っていたとしても、後々プランアップするはめになりますよね。そして多くの場合プランアップにかかる費用が数倍になります。

だったら最初から大容量のスペースを使ったほうが良いと思いませんか?また前章の「安定性」でも説明しましたが、エックスサーバーは本当に爆速でかつ安定性抜群なんです。私が実際に使っているので間違いありません。もちろんこのブログもエックスサーバーを使っていますから。

エックスサーバーを使っている証拠
一応エックスサーバーを使っている証拠画像載せておきます。

しかも「X10プラン」は200GBもあるにもかかわらず月額冠山で900円しかかかりません。料金形態については後ほど解説します。

使いやすさ

使いやすさも抜群です。サーバーパネルではシンプルにブロックごとに並べられていて、どこに何の項目があるかがひと目で分かるUIとなっています。

まさに、「Simple is the best!!」ですね。だから初心者でも戸惑うことが少ないということ。

下記にサーバーパネルのトップページを載せておきます。
エックスサーバーのサーバーパネルどうですか?とても見やすくてわかりやすいですよね。もちろん、多少の専門用語があるのはサイトを運営する上で必ず覚えていかなければなりません。それはどのサーバーを使うにしても変わりません、

用語がわからないという次元の話は無きにして、エックスサーバーのサーバーパネルはかなり直感的に操作ができるということがお分かりいただけたと思います。

あと、多少の専門的な用語については、使っていくうちに慣れてきますので心配は要りませんよ。だって私も最初はそうでしたから。

機能性

機能性については専門的なものも含めてたくさんあるのですが、自分の中で一番素晴らしいと感じたものをいくつか紹介します。

▼WordPress簡単インストール機能▼1190591877
まずは「WordPress簡単インストール」機能になります。普通はWordPressを手動でサーバーにインストールしなければならず、多くの手間とそれなりの専門知識が必要です。しかし、初心者・上級者にかかわらず簡単にWordPressをインストールできる機能がエックスサーバーには備わっています。下記の画像を見れば分かる通り、数個の項目を埋めるだけでWordPressを自動でインストールしてくれます。
エックスサーバーでのWordPress簡単インストールとても簡単ですよね。基本的に新規インストールの場合は赤四角で囲った部分だけ入力すればいいだけです。これ使えばWordPressブログ立ち上げに数分ほどの時間しかかかりません。

▼WAF機能▼1190591877
次に「WAF」機能です。WAFはサイトのセキュリティーを強化してくれる機能です。近年ではインターネットの普及で、サイバー犯罪がどんどん増えてきています。いつ何時あなたのサイト・ブログが狙われるかわかりません。ですから、日頃から万全のセキュリティーを整えて置く必要があります。

WAFを設定しておくことで、サイトの改算を防いだり、サイトの不正ログイン・不正アクセスを防止することができます。被害に合わないためにも必ず設定しておきましょう。

▼アクセス解析機能▼1190591877
エックスサーバーには独自のアクセス解析機能があります。独自というからには必ず他のものにはない特徴があります。それが下記2つ。

  • CookieやJavascriptを無効に設定したブラウザからのアクセス
  • Javascriptを実行しない検索エンジンロボット・スパイダーによるアクセス

Google Analyticsをはじめとするアクセス解析ツールは数多く存在しますが、上記2つも抑えているものはありません。というか、サーバーの直接ログでしか認識できないのです。そのため、結論を言うと、外部のアクセス解析ツールよりも精密な解析結果が得られるということです。

また、訪問してきたユーザーのIPアドレスまで記録できるので、何かトラブルが合った際にも特定ができるというわけです。

UIもとても見やすく高機能なものになっています。下記にアクセス解析画面のスクショを貼っておきます。これは私が以前運営していたブログの1ヶ月分のデータになります。
エックスサーバーのアクセス解析ツール▼Xアクセラレータ▼1190591877
前項の「安定性」でも少し触れましたが、「Xアクセラレータ」というエックスサーバー独自の高速化機能があります。これはエックスサーバーを契約すると無料で利用することができ、管理画面からいつでも「ON/OFF」が切り替えられるようになっています。これを使わない手はないですよね。

実はこのブログにも利用しています。ほんとに数秒もかからず一瞬で読み込んでくれています。試しに色々な記事にアクセスしてみてください。ストレスなく読み込んでくれると思います。
※もともと低速なデータ通信を利用している方は高速表示が実感できない可能性があります。前提として、光通信やLTEなどの海鮮を使っている方であれば問題ありません。

▼自動バックアップ機能▼1190591877
エックスサーバーには過去7日分のデータを自動バックアップしてくれる機能が備わっています。バックアップできるのは、サーバーに格納しているメールやWebサイトなどの全データです。もしトラブルなどが起きて復旧が困難になった場合など、絶望に駆られることなくバックアップを復元できます。

また、自動バックアップしてくれるのは無料ですが、バックアップデータをダウンロードする際には1回につき12,000円の料金がかかります。あくまで、同仕様もなかったときの保険として考えておいておくと良いでしょう。エックスサーバーには手動でバックアップする機能(無料)もありますし、WordPressを運営するのであればバックアップができるプラグインも存在します。

しっかりとしたサポート体制

カスタマーサポート

普通レンタルサーバーのサポートといったらメールがほとんどですが、エックスサーバーでは電話サポートも行っています。特に初心者の方はわからないことやトラブルも多くなるので、電話サポートは心強いと思います。緊急性を伴う要件であれば、必ず電話サポートを利用しましょう。

もちろんメールサポートもあり、24時間受け付けています。

また電話サポートの場合、受付時間は平日10時~18時となっています。

キャンペーンが豊富

エックスサーバーでは、結構な頻度でお得なキャンペーンを開催しています。例えば、以下のようなキャンペーンが行われています。

  1. 新規契約で初期費用が無料になるキャンペーン
  2. 新規契約で1ドメインが永久的に無料になるキャンペーン
  3. 豪華賞品が当たるキャンペーン(最近だと、iPad、Apple Watch、Amazon Echo、大容量モバイルバッテリー、アマゾンギフト券3000円分などなど)

こんな漢字で、かなりオトクなことをしてくれていますよね(笑)。ちなみに私は2の1ドメイン無料になるキャンペーンのときに契約しました。さらに言えば、このブログのドメインがそれです(笑)。

エックスサーバーの料金プラン

新規で契約するならまずは「X10プラン」で十分です。容量は200GBもあるので当分は大丈夫です。X10プランの料金表は以下のとおりです。

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円 1,200円×3ヶ月 6,600円(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円 1,100円×6ヶ月 9,600円(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円 1,000円×12ヶ月 15,000円(税込16,200円)
24ヶ月 3,000円 950円×24ヶ月 25,800円(税込27,864円)
36ヶ月 3,000円 900円×36ヶ月 35,400円(税込38,232円)

これだけ素晴らしい機能性とスペックを兼ね備えたサーバーなのに月額1000円ちょっとです。高スペックなサーバーの割に値段がとてもリーズナブルなんです。

しかし、新規で契約する場合どうしても初期費用がかかってしまいます。それは仕方がありません。初期費用はどのレンタルサーバーでもかかってきます。でも一度払ってしまえば次回は払う必要がありません。またエックスサーバーの初期費用に関しては、たまにキャンペーンなどをやっていて無料になることもあるので、運とタイミングがよければ初期費用無料で契約できますよ。

また契約更新の際には、6ヶ月払い以上で設定すると、最大月額900円で契約できます。

契約期間 ご利用料金 合計
1ヶ月 1,000円×1ヶ月 1,000円(税込1,080円)
3ヶ月 1,200円×3ヶ月 3,600円(税込3,888円)
6ヶ月 1,100円×6ヶ月 6,600円(税込7,128円)
12ヶ月 1,000円×12ヶ月 12,000円(税込12,960円)
24ヶ月 950円×24ヶ月 22,800円(税込24,624円)
36ヶ月 900円×36ヶ月 32,400円(税込34,992円)

36ヶ月分一気に支払うと、月額換算で月900円で収まります。長期的にサイト・ブログを運営していく予定の方は、断然36ヶ月払いがおすすめです。もちろん、36ヶ月分まとめて支払うので料金も高くなりますが、1度支払えば3年間契約金を払う必要がなくなります。

というふうに、長い期間ほど一括で払えば安くなります。

料金プランが決まったら、下記リンクよりエックスサーバー公式サイトにアクセスし、契約作業を行うことができます。また、エックスサーバーでは、10日間の無料お試し期間を設けています。まずは試しに登録してみるのもありでしょう。

更に、皆さんにビックニュースです。

なんと今「1ドメイン永久無料キャンペーン」が開催中です。期限は2018年10月31日までです。またいつキャンペーンが行われるかわかりませんので、この機会を絶対に逃さないでください!!

※無料ドメインを取得するには、必ず本契約を済ませる必要があります。試用アカウントでは申込みができませんのでご注意ください。

エックスサーバーの詳細を見る

エックスサーバーを半年使用しての評価

私がエックスサーバーを使っていて、メリット・デメリットに感じたことを正直に綴ります。とは言ったものの、前章でかなり良いところを紹介しましたので、他に個人的にプラスだと判断したことを書いていこうと思います。

メリットに感じたこと

  • エックスサーバーのインフォパネル上で新規ドメインが取得できる
    普通ドメインは外部ドメイン販売サイトから取得しなければなりませんが、エックスサーバーではインフォパネル上でドメインの取得を行うことができます。また、普通ドメイン販売サイトから取得したドメインは、ネームサーバーの設定を行わなければサーバーに紐付けることはできません。しかし、エックスサーバーの中で取得すれば、面倒な設定作業を行うことなくドメインが取得できるわけです。

    エックスサーバーでドメイン取得
    インフォパネルでのドメイン取得画面
  • メーリングリスト・メールマガジンが設定できる
    メルマガ配信を行いたい方は必見です。普通ならメルマガ配信スタンドなどのサービスに登録するのが一般的ですが、エックスサーバーではメーリングリストを作成し、メルマガを配信する機能が素なわています。メルマガ配信スタンドに登録するのも良いですが、無料のところと有料のところがあります。無料と言っても機能が制限されていることがほとんどですので、結局は有料プランに移行する必要が出てきます。
    しかし、エックスサーバーを利用していればこういった機能が無制限無使うことができます。無駄な出費は減らしていくべきですからね。
  • SSL(secure sockets layer)の設定が無料でできる
    SSLとは通信を暗号化して個人情報の漏洩を防止するプロトコルです。最近ではみなさんもURLの表記で「https」といった「s」がついたものを見たことがあると思います。実はこのブログもSSLを設定しています。SSLをわかりやすく説明すると、例えばみなさんがどこかの会員サイトでログインしようとします。SSLを設定していないサイトでは、みなさんが入力したログインIDやパスワードが誰かに盗み見られる可能性があるんです。それを防ぐためにSSLという技術で送信情報を人間に理解できない文字列に暗号化します。それがSSLです。
    このSSLというのは、普通SSL証明書を料金を払って取得しますが、エックスサーバーでは無料でかつ簡単に取得できるようになっています。これを使わない手はないですね。ブログやサイトを立ち上げる際には、セキュリティーを強化するためにも必ず設定しておきましょう。

デメリットに感じたこと

今まで良いことばかり言ってきましたが、実際に使ってみてちょっと残念な点もありましたので、書いておきます。一言に残念と言っても致命的な問題があるわけではありませんので、ご安心ください。

  • エックスサーバー上でドメインを取ると少し割高
    これは築いた方もいると思いますが、外部ドメイン取得サイトで取得するより、数百円割高の価格設定になっています。しかし、本当を言えばこれが本来の値段です。確かに、結構有名な「ムームードメイン「や「お名前.com」などでは、数十円という破格の安さで販売されているものもあります。ですが、それは割引されているだけで、1年後の更新時には正規の料金で請求されます。つまりここで言いたいのは、いっときの安さに食らいつくか、設定の簡単なエックスサーバーのドメイン取得サービスで取得するかです。そう考えると、エックスサーバーの方が私は良いと判断します。あくまで個人的な意見です。
  • 新規に取得したドメインがサーバーに反映されるまで時間がかかる
    渡しの場合最大で半日かかることもありました。しかし、全部が全部遅いというわけではなく、速いものであれば数分で反映されたものもあります。これはサーバーのシステムが勝手にやっていることなので、私はどうすることもできません。
    基本的にエックスサーバーで取得したドメインなら問題ないかと思います。私が見たところ代替が外部サービスで取得したドメインが遅いといった感じでした。おそらく、サーバー間での紐づけに時間がかかることが多いようです。

とりあえずデメリットは2つほどしかありませんでした。正直この2つもデメリットといえるか怪しいところです。というのも、デメリットとして捉える必要もないと思ったからです。

だって、こんな素晴らしいレンタルサーバーですからね。私も半年ほど前からエックスサーバーに移行しましたが、もうレンタルサーバーを変えようとは思いません。

エックスサーバーと一生仲良くしていきます(笑)。みなさんも是非この機会に究極に気持ちのいいブログライフを送ってみてはいかがでしょうか?

エックスサーバーの詳細を見る

まとめ

ここまで長らく読んでいただいた方ありがとうございました。今回はレンタルサーバーの選び方から、おすすめのレンタルサーバーについて書いていきました。

レンタルサーバーを選ぶときに大切なことは5つあり、それは「安定性、十分な容量、使いやすさ、機能性、しっかりとしたサポート体制」であるということ。

そして、それらにすべて当てはまった「エックスサーバー」が非常におすすめであるということを、私が実際に使っている使用感とともに説明しました。「ブログでがっつり稼ぎたい」、「快適なブログ運営を実現したい」という願望をお持ちの方は、迷わずエックスサーバーにしてください。

それでは今回の内容は以上です。ご購読ありがとうございました。よかったら他の記事も御覧ください!!

The following two tabs change content below.
山崎 光太郎
はじめまして!山崎光太郎と申します。現在情報系の大学生をやっております。日頃はとても忙しい毎日ですが、自分の好きな分野で活動できていると思うと、とても楽しく感じています。これからITやネットビジネスの情報を中心に、深い情報を皆さんに提供していきたいと考えております。

スポンサーリンク