まとめサイトの作り方を全力で徹底解説!2018年最新版!

2019年9月16日

スポンサーリンク

STEP3:WordPressのインストールと設定

通常Webサイトというのは、HTMLやCSS、PHPなどのプログラミング言語を用いて制作されますが、高度な専門知識が必要になるので、とてもハードルが高い。しかし、これら専門的な知識を必要としなくても、ブログを直感的に近い操作で誰でも制作できるようにしたのが、WordPressというシステムです。サーバーにインストールさえしてしまえば、基本的な設定を行うだけで、ブログを書き始めることができます。

また、拡張性も無限大で、プログラミングなどの専門知識が豊富な方であれば、WordPressを更に自由にカスタマイズすることもできます。まったくの初心者からシステムエンジニアなどの上級者まで、誰でもWebサイトの運営ができるようにしたのがWordPressなのです。WordPressとは?

このステップでは、WordPressのインストールから設定までを行い、更に誰でも簡単に拡張機能を使えるようにする「プラグイン」の追加、今回まとめサイトで使用する高機能なWordPressテーマのインストールまで解説していきます。

① WordPressのインストールと設定

通常WordPressは、「WordPress.ORG」より入手し、手動でサーバーにインストールしますが、多くのサーバーではWordPressのインストール機能が付いています。エックスサーバーにも「WordPress簡単インストール」機能がありますので、インストールはとても簡単です。

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーサーバーパネルページ下部の方に「WordPress簡単インストール」という項目があるので、押下します。

サーバーパネルのWordPress簡単インストールそうすると、登録したドメインが表示されますので、WordPressをインストールしたいドメインを選んで、「選択する」を押下します。

エックスサーバーでWordPress簡単インストール次の画面で「WordPressのインストール」タブに移動し、情報を入力していきます。まずインストールURLですが、特にディレクトリーを分ける必要はないので、入力する必要はありません。プルダウンメニューでは、最初「www」ありと無しが選べるようになっていますので、好きな方を選んでください。

エックスサーバーでWordPress簡単インストール「ブログ名」は、サイトのタイトルになりますので、予め決めたものを入力してください。「ユーザー名」と「パスワード」は、WordPressにログインするときのものです。「メールアドレス」は、ブログにコメントやお問い合わせがあったときの送信先になりますので、受信のできるメールを入力してください。

※ユーザー名を除いては、後からWordPressの方でいつでも変更できます。

あとは画面下の「インストール(確認)」ボタンより、完了させます。インストールが完了すると、ブログのURLと管理画面用URL、登録したユーザー名とパスワードが表示されますので、しっかりWordPressにログインできるか確かめておいてください。

※ドメイン登録直後にインストール作業を行った場合、サーバーにドメインの設定が反映されていないことがあります。その場合は、まだ管理画面にアクセスすることができませんので、しばらく待ってください。私の場合長くて半日かかったこともあります。

② WordPressの簡単な使い方説明

分かりやすく説明している動画がありましたので、こちらを御覧ください。WordPressの基本的な使い方から、投稿まで一通り分かるようになりますので、初心者のかたは必ず見てください。

③ 各種プラグインのインストールと設定

まとめサイトを運営することを考慮して、選定していますので全てインストールするようにしてください。

プラグインのインストール方法

プラグインの追加メニューの「プラグイン」>「新規追加」ページにて、プラグインを検索して追加する方法と直接プラグインファイル(ZIPファイル)をアップロードする方法の2つがあります。WordPress.ORGに登録されているものであれば、検索で追加できますが、有料プラグインや個人で限定配信しているものは検索できませんので、直接プラグインファイルをアップロードします。

1,Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet Anti-Spamこのプラグインは、スパムコメントをブロックしてくれるものです。まとめサイトはアクセスが集まってくると、コメントが増えてくるので、セキュリティを高めるためにも入れておきましょう。また、海外からの迷惑コメントや暴力的なコメントは、自動的に判断してスパムフォルダーに振り分けられるので、手を煩わさずに済みます。

※次に紹介する「Jetpack by WordPress.com」というプラグインと連携することで、永久無料で利用することができます。

2,Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.comこのプラグインに関しては、機能が多すぎて書ききれませんので、詳細はダウンロードページでご確認ください。主要な機能としては、SNS連携・サイト統計情報の分析・SEO対策機能・独自ウィジェット・コンタクトフォームなどなど、便利な拡張機能を提供する大規模なプラグインです。

まとめサイトでは主に、統計情報の確認とコンタクトフォームの設置に使います。

詳しい使い方は下記サイトで説明されていますので参考にしてください。

3,Easy FancyBox

Easy FancyBoxこのプラグインは、画像や動画などのメディアファイルを、「ポン」と画面の真ん中に拡大表示させることができます。まとめサイトは特に画像や動画が多くなるので、訪問者に見やすくするためにも入れておきましょう。

使い方は簡単で、リンク先を「メディアファイル」にするだけです。

詳しい使い方は下記サイトで説明されていますので参考にしてください。

4,Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsこのプラグインは、サイトの構造化データを生成して、検索エンジンにサイトのコンテンツを認識してもらいやすくするためのものです。SEO対策に高い効果をもたらすので、必ず入れておいてください。STEP5.5のウェブマスターツールへの登録で必要になります。

5,Grab & Save

このプラグインはとても便利で、Web上にアップロードされている画像のURLを入力するだけで、PCに保存することなく直接サイトにダウンロードできるようにするものです。スレットなどをまとめていると、画像も多々あるので、いちいちPCに保存してからサイトにアップロードするのは面倒ですからね。

※現在更新されていないようですが、現バージョンWordPress4.9.8でも動作していますので、大丈夫かと思います。

6,TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedこのプラグインは、ビジュアルエディターの文字装飾機能を拡張するものです。デフォルトの状態を見れば分かる通り、選べる項目は少ないですが、このプラグインを導入することで、テーブル挿入機能をはじめ、数十種類もの文字装飾要素を追加・削除を自由に行えるようになります。まとめサイトでは主に、レスを見やすく装飾する目的で利用します。

インストールしたら、メニューの「設定」>「TinyMCE Advanced」から設定を行うことができます。

詳しい使い方は下記サイトで説明されていますので参考にしてください。

7,WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsこのプラグインは、人気の記事をサムネイル付きで表示することができるものです。よりたくさんの記事を見てもらうためには、ランキング機能を付けて注目度を上げることは、とても重要なことです。

詳しい使い方は下記サイトで説明されていますので参考にしてください。

④ テーマ・テンプレートのインストール

今回、カスタマイズ性・機能性・SEO対策の面から無料の高機能テーマを選びました。私の運営するまとめサイトでも利用していますので、かなりおすすめです。まずは下記のサイトよりテーマをダウンロードしてください。

WordPressテーマ「Luxeritas」

Luxeritasは無料ながら、「超爆速、SEO対策済み、レスポンシブデザイン、多機能」というなんとも素晴らしいテーマです。とにかく本当に多機能で説明しきれませんので、実際に入れてみて公式サイトも確認しながら使いこなしていってください。

まとめサイトを運営する上で良いと感じているのは、サイト全体のカラム数の変更と配置が自由に選択できること、独自ウィジェットとエリアが充実しているということ、カスタマイズ性がよく収益向上につながることが主に挙げられます。

Luxeritasダウンロードダウンロードページから、本体と子テーマをダウンロードします。

テーマのインストール作業1WordPressにログインして、メニューの「外観」>「テーマ」>「新規追加」に進みます。

テーマのインストール作業2次のページで、「テーマのアップロード」を押下します。そうするとアップロードエリアが開くので、「選択」を押してPCからテーマを参照するか、PCから直接ドラック&ドロップでもできます。

※テーマをアップロードするときは、必ず親テーマ(本体)をインストールしてから子テーマをインストールしてください。順番を間違えるとエラーになります。

以上でSTEP3の解説は終了です。

The following two tabs change content below.
ザキヤマ
はじめまして!ザキヤマと申します。現在情報系の大学生をやっております。日頃はとても忙しい毎日ですが、自分の好きな分野で活動できていると思うと、とても楽しく感じています。これからITやネットビジネスの情報を中心に、深い情報を皆さんに提供していきたいと考えております。

Google ウェブ検索

通常のGoogle検索エンジンとして利用できます。他に知りたい情報がありましたらお使いください。

スポンサーリンク