まとめサイトの作り方を全力で徹底解説!2018年最新版!

2019年9月16日

スポンサーリンク

STEP2:まとめサイトの立ち上げ準備

まずサイトを立ち上げるに当たり、ドメインとサーバーが必須となります。

ドメインとは?サイトにアクセスするための住所であり、この世界に1つしかありません。このブログで言えば、「https://www.infoaxel.com/」がドメインであり、固有の住所です。ネットに接続している状態であればどこからでもアクセスすることができます。もっと言えば、みなさんが住んでいる家やアパートの住所と同じようなものです。

サーバーとは?サイトのデーターを格納しておく倉庫のようなものです。住所があれば必ず土地があるように、ドメインとサーバーはセットにしてなりたちます。ドメインにアクセスが有った場合は、サーバーに格納されたデーターを取り出し、Webページがブラウザーに表示されるといった仕組みです。

まずは、この「ドメイン」から取得作業を行っていき、次にサーバーの契約です。

準備① ドメインの取得

ドメインの取得できるところは結構あるので、今回は一番有名であろう「ムームードメイン」で解説していきます。他にもたくさんのサービスがありますので、違うところが良いという方はそちらで取得してください。はっきり言ってどこで取得しても、料金はほとんど変わりません。

料金は一番安いので、100円/年以下のものもあれば、高いのは2000円/年を超えるものまであります。ちなみにみなさんもよく目にするであろう「.com」や「.net」、「.jp」などは、高額な部類に入ります。

ドメインが取得できるサービスの一覧

ムームードメインを含め、有名所のドメイン取得サービスを載せておきます。1190591877

準備②で登録するエックスサーバーですが、現在1ドメインが永久無料になるキャンペーンを実施しているようです。期限は2018年10月31日までです。これはまたとないビックチャンスです。エックスサーバーに登録すれば、今回のドメイン代は、必要なくなりますので、準備①はすっとばしてください!!速報!!!!!!!

それではここからムームードメインでの取得方法を解説していきます。

ムームードメインでドメイン取得ボックスに取得したいドメインを英数字または日本語で入力し、「検索する」ボタンを押下します。ドメインは、あなたがこれから立ち上げるサイトに関連する文字列にすると良いです。例えば、パズドラの攻略まとめを作るのであれば「pazudoramatome」や日本語なら「パズドラ攻略まとめ」などですね。

ですが日本語ドメインを取得する際は、注意が必要です。というのは、後々運用していく上で英数字に変換しなければならないこともあるからです。

補足:日本語ドメインのメリットとデメリット

日本語ドメインのメリット

日本語ドメインは、文字通り日本語で表記されたものなので、訪問者に覚えてもらいやすいURLからの直接アクセスがしやすくなるといったメリットがあります。また、日本語ドメインは、Googleなどの検索エンジンからの評価が多少上昇することも分かっています。日本語ドメインの例としては、「https://アニメまとめ.com」みたいな感じです。

日本語ドメインのデメリット

1つは、レンタルサーバーにて取得した日本語ドメインを登録するときに、そのまま登録できないといったことがあります。サーバー側で日本語ドメインをサポートしていないところもあるということです。この場合、英数字に変換したものを登録しなければなりません。しかし、現在では日本語ドメインがかなり普及してきているため、対応するサーバーも多くなってきています。

2つ目は、まとめサイトなどが相互RSSを申請するときは、必ず英数字に変換したものを記載する必要があります。多くのアンテナサイトやまとめサイトではRSSの取得で日本語ドメインは対応していません。

3つ目は、日本語ドメインを英数字に変換すると、ものすごく長くなったり意味不明な羅列になってしまうという点です。試しに、例で挙げた「https://アニメまとめ.com」を変換ツール(Punycode変換ツール)を使い、英数字に置き換えると
「https://xn--o9j0bk3kniye.com」となります。変換文字列は、URLの最初に「xn--」が付与され、これは全て共通です。

ムームードメインのドメイン取得このように様々な種類のドメインが表示されますが、赤枠で囲った「取得できません」というのは既に使用されているということなので、取得することはできません。また、上記画像にもあるように、ドメイン価格が割引されているお得なものもあります。割り引かれるのは、取得年のみですので、2年目からは世紀料金がかかります。ですが、年払いで1000円程度、月冠山で100円にも満たない額なので、とても安いです。

ムームードメインのログイン画面「カートに入れる」を押下して、取得手続きに進むとログイン画面になるので、「Amazon Pay」か「Facebook」アカウントを持っていればすぐにログインできます。どっちもないまたは使いたくない方は、画面下の「新規ユーザー登録」に進んでください。

ムームードメインのドメイン取得手続き画面1ユーザー登録が終わるとドメインの取得手続き画面に進みます。そこで、まず「ドメイン設定」の部分は上記画像のように設定してください。今回エックスサーバーというレンタルサーバーを利用しますので、ネームサーバの設定を「GMOペパボ以外のサービス」にし、ネームサーバ1「ns1.xserver.jp」、ネームサーバ2「ns2.xserver.jp」を入力しておいてください。

また、ネームサーバの設定はあとから変更することもできます。

補足

ムームードメインで取得したドメインのネームサーバを跡から変更する方法

ムームードメインのコントロールパネル
まずログインした状態で、コントロールパネルにアクセスします。

ムームードメインで取得したドメインの一覧メニューの「ドメイン管理」>「ドメイン操作」>「ドメイン一覧」に進み、取得したドメインを一覧から選びます。(ドメイン名を押下すると、各ドメインの設定ページに遷移します。)

ムームードメインのネームサーバ設定変更画面ネームサーバ設定変更の項目より、ネームサーバを変更することができます。

 

ムームードメインのドメイン取得手続き画面2次は「お支払い」設定です。まずはドメインの契約年数を決めます。デフォルトでは1年となっており、下の「お支払い金額合計」には割引適応された金額が表示されています。もし、割引適応されたドメインを選んだ場合は、2年目の金額がどうなるかを確認したほうが良いでしょう。契約年数の項目で、それぞれの年数を選ぶと連動して合計金額が変動します。

また、支払い方法は「クレジットカード」「おさいぽ!決済」「コンビニ決済」「銀行振込」「Amazon Pay」に対応しているので、お好みの決済手段でお支払いください。

設定する項目は以上で終了(他の設定項目はいじる必要はありません。)なので、「次のステップへ」を押下、次のページで「ドメインと一緒にどうですか?」といった広告ページが表示されるので無視して、ページ下部にある「次のステップへ」を押下します。

そうすると最終確認のページになりますので、間違いがないか確認し、利用規約に同意した上で、「取得する」ボタンを押下してください。

これで、ドメインの取得は完了です。

準備② レンタルサーバーの契約と各種設定

次はレンタルサーバーの契約です。レンタルサーバーも様々な種類がありますが、今回は「エックスサーバー」というレンタルサーバーを利用します。なぜこのサーバーを選んだのかというと、「非常に安定しているサーバー」だからです。「Xアクセラレータ」と「nginx」の独自システムによって、「サイトの高速化」とアクセス集中時でも軽快に動作する「安定性」を兼ね備えています。

では、なぜ「サイトの高速化」「安定性」が重要になってくるのかというと、まとめサイトは特にアクセスが爆発するサイトジャンルだからです。最初のころは、アクセスが少ないので、実感はないかもしれませんが、ある程度アクセスが取れるようになり、1日数千から数万アクセスを稼げるようになってくると、サイトの表示が重くなることが増えてきます。その原因として、特にサイトへの「同時アクセス数」が問題になります。

同時アクセス数とは、ある一瞬の間に、訪問者が同時にサイトを読み込んだ回数です。たくさんの人達が、一斉にサイトにアクセスすれば、サーバーの負荷も大きくなり、処理が追いつかなくなると、503エラー503 Internal Server Error:アクセス集中時にページが表示できなかったときに返されるエラー表記)となり、ページが表示できなくなります。そうなってしまうと、せっかくアクセスしてくれた訪問者は離脱してしまいますから、サイト運営者は大きな機会損失をしてしまうことになるというわけです。同時アクセス数とは?

普通のブログなら、よっぽど人気のサイトにならなければ問題ないのですが、まとめサイトの場合は、わけが違います。訪問者は主にアンテナサイトやまとめサイトのRSS一覧などからリンクをたどってあなたのサイトに訪れますが、RSSを配信した段階でたくさんのユーザーの目に止まることになりますから、同時アクセススウは数百から数千になるのは普通です。

私は以前、ロリポップスターサーバーなどを利用していましたが、まとめサイトを始めてから、アクセスが稼げるようになってくると、サイトが重くなり、アクセス集中時(詳しくは、記事投稿してRSSがアンテナに配信された直後)には、何度もエラーページが表示されるという状況に陥りました。余談

しかし、エックスサーバーに移行してからは、まとめサイトで1日1万PVを超える日があっても、サイトが重いなんてことはなく、とてもサクサク表示されています。また、サーバーを移転するといっても、とても大変で、データベースなどの専門的な知識がなければ、困難を極めますなので、最初から良いサーバーを選ぶということが重要になってきます。

そして、まとめサイトを運営するにしても、ブログを運営するにしても、極限まで機会損失を減らすことで、想像以上のキャッシュポイントを得られるようになるというわけです。

さて、サーバー選びの重要性が理解できたかと思いますので、次はいよいよエックスサーバーへの登録を行っていきます。

まず、下記のリンクよりエックスサーバーにアクセスします↓
現在1ドメインが永久無料でもらえるキャンペーンが実施中!10月31日まで!1190591877

エックスサーバー

エックスサーバーのホーム画面ホーム画面に遷移しますので、「お申込みはこちら」から次の画面に進みます。

エックスサーバーの登録種別選択画面今回は新規登録なので、左を選択します。

エックスサーバーの会員情報入力画面会員情報の入力ページになりますので、「契約内容」入力、「会員情報」入力、「規約の同意」を各自行ってください。「契約内容」については少し説明をします。まず、サーバーIDは好きな英数字を入力してください。今回は、独自ドメインを使うので、問題ありません。プランについては、「X10」(容量100GB)を選択してください。最初は100GBもあれば十分です。最後に、「お申込み内容の確認」を押下して、次のページで申し込みを完了させてください。

エックスサーバーログイン画面登録が完了するとメールが届きますので、そこに記載された「お客様ID」または登録時に使ったメールアドレスとパスワードで、インフォパネルにログインしてください。

エックスサーバーインフォパネルログインできたら、「決済関連」>「料金のお支払い」より、支払い手続きを行ってください。デフォルトでは試用期間が10日設けられておりますが、各種サービスや機能が制限されるので、支障を来します。ちなみに、独自ドメインの登録は正規契約しないと設定できません。

支払い方法は、「銀行振込」と「クレジットカード」が使えます。更新期間は、「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月」が選択できますが、期間が長いほどトータルで支払う金額が安くなります。料金は下記表を参照してください。

X10プランの初回契約時お支払い料金
契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円 1,200円×3ヶ月 6,600円(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円 1,100円×6ヶ月 9,600円(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円 1,000円×12ヶ月 15,000円(税込16,200円)
24ヶ月 3,000円 950円×24ヶ月 25,800円(税込27,864円)
36ヶ月 3,000円 900円×36ヶ月 35,400円(税込38,232円)
X10プランの契約更新時お支払い料金
契約期間 ご利用料金 合計
1ヶ月
(カード自動更新)
1,000円×1ヶ月 1,000円(税込1,080円)
3ヶ月 1,200円×3ヶ月 3,600円(税込3,888円)
6ヶ月 1,100円×6ヶ月 6,600円(税込7,128円)
12ヶ月 1,000円×12ヶ月 12,000円(税込12,960円)
24ヶ月 950円×24ヶ月 22,800円(税込24,624円)
36ヶ月 900円×36ヶ月 32,400円(税込34,992円)

支払いが完了しましたら、次はドメインの登録です。

ドメイン無料プレゼント対象者

エックスサーバーでは2018年10月31日まで、1ドメインの永久無料ライセンスを付与するキャンペーンを行っています。期間内にエックスサーバーに申し込んだ方は、下記方法で、ドメインを取得してください。
エックスサーバードメインプレゼントインフォパネルの「各種お申込み」>「プレゼントドメイン」で、取得できます。渡しの場合は、既に取得済みのため、空白になっています。※一度取得手続きを行った場合、跡から修正はできませんのでご注意ください。

エックスサーバーインフォパネルインフォパネルの、「契約関連」>「契約情報」より、サーバーパネルにログインしてください。

エックスサーバーサーバーパネルサーバーパネルのドメインメニューより、「ドメイン設定」を選択します。

エックスサーバードメイン登録画面「ドメイン設定の追加」タブより、取得したドメインを入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」を押下し、登録を完了させます。また青枠で囲んだ、項目2つはチェックしておいてください。

以上でエックスサーバーの設定は終了です。

※記事下のページ選択ボタンより、次のページに進んでください。

The following two tabs change content below.
ザキヤマ
はじめまして!ザキヤマと申します。現在情報系の大学生をやっております。日頃はとても忙しい毎日ですが、自分の好きな分野で活動できていると思うと、とても楽しく感じています。これからITやネットビジネスの情報を中心に、深い情報を皆さんに提供していきたいと考えております。

Google ウェブ検索

通常のGoogle検索エンジンとして利用できます。他に知りたい情報がありましたらお使いください。

スポンサーリンク